これが 愛 じゃ なけれ ば なんと 呼ぶ のか 僕 は 知ら なかっ た。 米津玄師

それでも、私たちは間違いなく唯一の存在だった。 さらに、楽曲を深追いしていきます。

「馬と鹿」は「ノーサイドゲーム」の為に書き下ろされた楽曲!• 春には「抑圧からの解放、自由の到来」という、ポジティブなイメージで比喩されることが多いのですが、、、 ここでは、喜びの春の中で、ただひとり絶望の淵にいる主人公が浮かびます。

6

疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 逸 はや る胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬよに 微笑むことが 上手くできなかった ひとつ、ただひとつでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 何に喩えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 枯葉を揺れば まだ続く 行こう、花も咲かない内に Wowwow. 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 なので、今後フルコーラスで公開されると、また違ったストーリーが描かれるかもしれませんね。

20

痛みは消えないままでいい 花の名前を呼ぶように、そっとその名前を心の中で唱える。

4

容赦ないそのサイクルは、私を救いもするし削りもする。 具体的な内容はどのようになっているのでしょうか? さっそく楽曲考察に移っていきましょう。

その先に待ち受けていたのは、 ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーへの任命でした。 という問題にぶつかります。 でも、それが「愛する」ということなんじゃないかとも思ってしまう。

12

本来「春」という季節は、出会いや恋を連想させる期待感に溢れた季節であり、キラキラしたものの象徴であるともいえます。

17

いっさいのプライドを捨て、自分の心に問いただしてみると「生きたい」と強く訴えていた。 会社に尽くし、自分の仕事に誇りを持って戦ってきたのに、左遷され出世の道を絶たれた状態。 社会の常識に欠けていること。

1

さらに深く解釈していきますので、今しばらくお待ちください。

13