醍醐 寺。 醍醐寺の桜(京都五重塔)

現在は、醍醐水の湧く社殿の上に、焼け跡のみが残っている。

11

校訳 『櫻史』 、221頁。

そして、そこでまず目に付くのは石碑に描かれた「醍醐水」という文字。

14

そして心に大きな力を頂いてください。 「私のお墓の前で 泣かないでください そこに 私はいません 死んでなんかいません」 ここに、お大師様の祈りが表れています。

6

I am not there, I did not die. 理源大師筆処分状• ~人が人に対して祈る~ 多くの現代人にとって、祈りの原点になっているのが「人が人に対して祈り、命が命に対して祈る」という行為です。 返答を聞いて参道の途中で引き返す人もいるようである。 私はてっきり、麓の平地だけが花見の会場だと思っていたので、山道の途中にこの案内板を見つけた時にはビックリした。

6

「観賢僧正は、お大師様の休まれている御廟へと入っていかれました。 醍醐寺では、現在でもこれにちなんで毎年4月の第2日曜日に「豊太閤花見行列」を催している。 驚くべきは、これらは全て、一人の実業家の寄付によって建てられたものなのである。

市街地中北部• 木造像(上醍醐五大堂安置)• それは、藤戸石(ふじといし)という庭石である。 絹本著色弥勒曼荼羅図• 壇上積みの上にさらに二重の壇を積み、蓮座と請座を設けた上に立つ。

13