スバル アドレナリン。 スバルクーペSUV新型モデル情報2021年12月発売|予想価格240~330万円市販版VIZIV ADRENALINE CONCEPTライバルCX

そのまま「アドレナリン」という車名になるといわれているのですが、新型アドレナリンのサイズやパワートレイン、価格予想など、気になる情報をまとめてみました。 2021年販売としてもコンセプトカーから2年程度経過するため、 一定の変化はあるでしょう。 変速機はいずれの場合でもリニアトロニックです。

14

SNOW・MUD」の2モードを切り替えに対応する新型「X-MODE」が採用され、走破性能が引き上げられます。

17

ダイナミックで力強い造形の「スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」は、トヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」のような流行りのクロスオーバーSUVスタイルとなりました。 また、すでにラインナップされている「XV」にも似ていますが、乗員をしっかりと守るルーフやプロテクターを大胆に配置し、強靭さと軽快さを両立した「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」は、「XV」以上にアクティブなスポーツヴィークルとなりました。 スバルが目標としているSUVラインナップ強化に貢献するモデルとなります。

このコンセプトカーも(オレンジ色の)エキゾースト・テールパイプらしきものが確認できるので、少なくとも完全な電気自動車を想定しているわけではないようです。 試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?. キープコンセプトながらSGP採用で動的質感を大幅向上! 現行型はモデル末期に入っていても北米で高セールスを続けている人気車のレガシィアウトバック。

XVではない第4のSUVラインナップとして2021年に市販化するという噂もあるため期待しましょう。 スバルではクロスオーバーの「XV」が220万円、SUVの「フォレスター」が286万円からとされていますが、新型アドレナリンは新しいボディタイプを持つ中間モデルとなります。 SNOW・MUD」の2モードを切り替えに対応する新型「X-MODE」を採用• 初代は富士重工業の倒産が噂されるほどの経営難の中で開発され、状況を打開するために大規模な組織改革を行い、1966年発売のスバル・1000から改良されてきたプラットフォームを完全新設計品に変更。

2018年7月に発表した新中期経営ビジョンSTEPでは、これをより「大胆」なデザイン表現に進化させていくことを謳い、そのキーワードとして「BOLDER」を掲げています。 スタイルの2ドアであるアドレナリンコンセプトは2014年に発表された「SUBARU VIZIV 2 CONCEPT」に近いデザインをしており、4代目XVのベースになるのではないかと言われています。

16

4Lが登場すると実現度は高まります。 考えられるのはレガシィから完全に独立した「アウトバックの後継車種」としてスバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプトが登場するのではないかということです。

5