高 濃度 アルコール 容器。 プラスチック製品はアルコールで溶ける?種類によって注意が必要だよ!

高濃度エタノールは引火性液体に該当する! 消防法の規制を受ける高濃度エタノールの濃度 高濃度エタノールは消防法別表第一において第4類/引火性液体/アルコール類に区分されています。 プラスチック製品はアルコールで溶けるって本当? プラスチック製品のうち、 ポリプロピレン PP とポリエチレン PE はアルコール耐性があります。

15

アルコール消毒液「何に入れたらいい?代わりの入れ物はある?」 もしアルコール対応のプラ容器が手に入らない場合、「 何に入れたらいいのか」困ってしまいますよね。 化粧水やシャンプーなど「詰め替え容器」のコーナーにありました。

7

「どうしても使いたい」という場合は、 目立たないところで試し拭きをしてから、使うようにすることをおすすめします。 100均でも、アルコール対応の容器が販売されている• vol%とは「体積で考えたときの濃度」のこと。 また、消防法または火災予防条例で一定量以上保管する場合は、届出や申請が必要になる場合があります。

スプレータイプの他に、ポンプタイプも選べます。 ) アルコール消毒液対応のプラ容器がない!「代用品」について アルコール対応のプラ容器がない場合、他に使えるものがないか聞いてみました。 これらの対処法として アルコールを使うのはNGです! アルコールは、消毒や掃除などで日常的に使う頻度が多いものですが、 プラスチック製品に対しては少し注意が必要ですね! ただ、アルコールが使えるプラスチック製品を覚えておけば、スプレーなど容器選びの際は便利ですよ。

20

これくらいのサイズ感でいいかもしれません。

「アルコールOK」の材質でも、 密度が低いなどでアルコールに使えなくなる場合がある では次に、プラスチックの中でも アルコールに使えない材質です。 アルコール商品を 便利に、安全に使うために必要な情報を詳しく解説していくので、ぜひ最後までチェックしてみて下さい! 目次• こんにちは。 何やら難しい言葉ばかり並んでいますが…。

2